朱熹の教え

今日は今年最後の北辰テストの日。

 

そして、来週は埼玉新聞模試。

 

2学期の評定も判明しだしてくる。

 

私立高校の個別相談もいよいよクライマックスだ。

 

 

 

 

 

 

勿謂今日不学而有来日

 

(いうことなかれこんじつまなばずしてらいじつありと)

 

これは朱熹の句だ。

 

おおまかな意味は

 

「今日勉強しなくても明日があるからといって怠けてはいけない。

 

今年学問しなくても、来年があるからといって、空しく月日を過ごしてはならない。

 

一日一年をおろそかにせず、常に勉強しなければならない。

 

若いときを無駄に過ごすと、結局、年老いた後に嘆くことになる」

 

ということだ。

 

 

朱熹はまた「偶成(ぐうせい)」と題し、

 

「少年老い易(やす)く学成り難し

 

一寸の光陰(こういん)軽んずべからず

 

未だ覚めず地塘(ちとう)春草の夢

 

階前(かいぜん)の悟葉(ごよう)己に秋声」

 

という詩も作っている。

 

どちらも、時の流れは人を待ってくれまないことを私たちに教えてくれる。

 

 

 

 

 

明日から始めようとか

 

来週から始めようとか

 

来年から始めようとか

 

思っていてはいつまでたっても始められない。

 

今、はじめよう。

コメントを残す

前の記事

狂愚となれ

次の記事

ライト兄弟の成功と失敗