太陽

私には塾の指導において師と仰ぐ方がいる。

 

これはこうだ。そんなふうに理由を説明しないで覚えなさいというのは暴力だ。

 

その教えは今でもはっきりと覚えている。

 

講師室で話をしているときにおっしゃられた言葉だ。

 

以来、分かりやすく説明をすることに工夫を重ねてきたつもりだ。

 

 

 

 

ある小学生が質問をしてきた。

 

「太陽は、大きなお日さまなのに、

 

なぜ『大』ではなく、『太』の漢字を使うの?」

 

答えに窮してしまった。

 

私自身も「太陽」の字を習ったときに、

 

なぜ「大」でなく「太」なのか理由を教えてもらわなかったし

 

聞かなかった。

 

「テストのときに間違わないように注意しなさい!」

 

の言葉だけがうっすら記憶に残っている。

 

何の疑問も抱かずに、「こういうものだ」

 

とすましてきた物事の、

 

本当の意味を知ろうと学ぶ時間は、実に有意義である。

 

最近では少しでも疑問に感じたらすぐに調べるようにしている。

 

気づかないうちに、理由を説明することなく

 

覚えさせていることはないだろうか

 

授業準備のときに自問するようにしている。

 

子どもの純粋な心に、大人は学ぶところが大きい。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、先ほどの「太陽」の字について、

 

大きなものの最上級が「太」を使うそうだ。

 

太平洋も同じ理由で「太」を使っている。

コメントを残す

前の記事

秋の空気

次の記事

100と500