ピーナッツ

ある小学生の筆箱のキャラクターに目が留まった。

 

スヌーピーだ。

 

スヌーピーは今年で日本上陸53年だから

 

多くの大人たちも知っている人気キャラクターだ。

 

最近はすみっコぐらしが人気があるけれど

 

スヌーピーも根強い人気を保っているなと感じた。

 

「最近集め始めました」とのこと。

 

 

 

 

主人公のチャーリー・ブラウン、犬のスヌーピー……

 

キャラクターが実に愛らしい米国の名作漫画「ピーナッツ」。

 

作者はチャールズ M.シュルツ氏。(1922年11月26日~2000年2月12日)

 

シュルツ氏は1997年、

 

75歳のお誕生日プレゼントとして取った5週間の休暇以外、

 

亡くなる直前の1999年12月の断筆宣言まで

 

1日も休まず、17,897日分のコミックを描き続けた。

 

資料収集からセリフの書き込みに至るまで、

 

すべての作業にアシスタントをつけることなく、

 

たったひとりで行っていた。

 

コミック「ピーナッツ」は1950年10月2日、

 

アメリカの新聞7紙で連載がスタート。

 

現在も75ヵ国、21の言語、2200紙で連載されており、

 

世界中に愛読者がいる。

 

児童書のイメージが強いが、

 

日本で初めて同作を翻訳した詩人の谷川俊太郎氏は

 

「大人のためのマンガ」と主張する。

 

スヌーピーは、犬である自分の“欠点”さえも面白がる。

 

心理学者・河合隼雄氏はスヌーピーのあり方を通し、

 

きのうも失敗、きょうも失敗、だけど、それにめげないで、

 

むしろ、そういう自分をおもしろがっていけば、

 

気も休まってきます。

 

そういう力、才能があれば、

 

人間は簡単にはくじけません」と述べた。

 

苦難と無縁な人生などないし、

 

苦難自体が「不幸」でもない。

 

「心が縛られた」状態が不幸なのだ。

 

反対に、苦難に置かれた自分を客観視し、

 

その意味を捉え返す力があれば、

 

成長へのバネとしていける。

 

 

 

 

キャラクターグッズだけじゃなく

 

ピーナッツも読んでみるといいね。

 

きっとそこには

 

大好きなキャラクターがいて、

 

大切なことを面白く教えてくれるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

変化

次の記事

インプットとアウトプット