失敗

天皇陛下の執刀医、天野篤氏は大学受験に3回失敗して、名医となった。

 

外山滋比古氏も、受験に2度失敗して、知の巨人と呼ばれるほどになった。

 

外山氏は、受験に失敗した悔しさを

 

じっと胸にしまって、

 

努力して秀才たちに引きはなされないように」励んだという。

 

氏は、人は自力のように思っていても

 

その実、敵の力を借りていることが少なくない」と述懐する。

 

例えば、貧乏を乗り越えようと必死に働く。

 

スポーツでは、好敵手に負けまいとして強くなる。

 

入試の失敗も、それをばねに

 

「大きな力をつける好機に恵まれることになる」と。

 

新たな環境で本格的なスタートを迎えた。

 

中には思うような結果が出ず、

 

自分が描いていた進路とは異なる道を進む人もいるだろう。

 

だが、積み重ねてきた努力は、自分を裏切らない。

 

将来、必ず自身の糧となる。

 

道には並木道や一本道もあれば、

 

坂道や荒れた道、回り道もある。

 

大切なのは、今ここから一歩を踏み出すこと。

 

その勇気が、失敗も悩みも、勝利の力に変えていく。

 

人生は不思議なもので、失敗の多い人間ほど、魅力的になっていくのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

一年生

次の記事

この街、この環境