逆境

top

つい先日、

 

富士山を見たときは

 

上の画像のように

 

頂上付近に少々雪を頂いているだけで

 

今年はまだ積雪が少なかった。

 

 

 

今日はこんな感じだそうだ。

 

top

 

わずかな期間で景色がだいぶ冬らしくなった。

 

 

 

 

教室の室温も、暖房を切った状態では

 

1ケタを温度計が示すようになった。

 

きっぱりと冬がやってきた。

 

中学2年生は

 

ちょうど英語で比較級・最上級の学習をしたところなので

 

昨日の授業で、うちの中2生たちに

 

夏と冬はどちらが好きとたずねてみた。

 

Which do you like better, summer or winter?

 

答えは冬のほうが多かった。

 

昔と違い、酷暑だからだろう。

 

たしかに夏の部活動などは大変そうだ。

 

一番好きな季節もきいてみた。

 

Which season do you like (the) best?

 

秋が一番多かった。

 

春が少なかったのは意外だった。

 

 

 

 

さて、

 

雪は、時折ちらつく程度なら風情があるが、

 

降り積もるとなると、

 

難敵となる。

 

高速道路で立ち往生している方々の

 

無事を祈りたい。

 

 

 

 

 

「何回目?」

 

雪下ろしの回数を聞き合うのが、

 

豪雪地ならではの冬のあいさつだそうだ。

 

 

雪深い地の方に、

 

話を聞いた時のこと。

 

「雪がなかったら楽でしょうね」と言うと、

 

「いや、雪で大変な思いをするから、

 

春の喜びが格別なのさ」と返ってきた。

 

 

 

そうか。

 

吹き付ける向かい風も、

 

帆があれば前に進む力に

 

変えることができるんだ。

 

 

 

胃が痛くなるような

 

悩みを抱えている

 

受験生たち、

 

越えられないと思えるような

 

高い壁だって

 

強靭な

 

向かい風だって

 

きっと大丈夫、

 

しっかりと乗り越えて

 

笑顔の春がやってくるさ。

 

夜明け前が

 

一番暗いのならば、

 

今が夜明け前なのだろう。

 

明けない夜はない。

 

ガンバレ、受験生。

 

 

 

 

 

 

 

さて話題は変わって、面白い動画の紹介。

 

新入生歓迎会の出し物だって。

 

こんなのができたら

 

学校内での人気者になるのは間違いない。

 

でも、

 

私もサッカー部だったけれど

 

昔は

 

部活中の水分補給は

 

あまりさせてくれなかったんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

可塑性

次の記事

木が凍らない理由