雑草

いつものジョギングする公園。

 

いろんな種類の雑草が。

 

いつもは気に留めないが、

 

あらためて観察すると、

 

生える場所は草花ごとに細かく分かれ、

 

一つの場所には一つの品種が、

 

集中的に茂っていた。

 

自然界のおきては「適者生存」。

 

「ナンバーワン」しか生きられない。

 

生物学で「ガウゼの法則」と呼ばれるが、

 

ではなぜ、あちこちに、

 

一つの品種だけではなく違う植物が生えるのか。

 

それが「棲み分け」と呼ばれる生存戦略である。

 

「すべての生物がナンバー1になれる場所を持っている」のであり、

 

序列があるわけではないのだ。

 

人間にも、優劣はない。

 

個性があるだけだ。

 

その個性に応じて、必ず輝ける場所がある。

 

それを見つけ、可能性を最大に発揮していける人生は幸福である。

 

偏差値表だけを価値観の尺度にしていると

 

その表の上の方に位置しているだけで

 

幸福になれる

 

下の方に位置していると

 

幸福になれないなど

 

と勘違いしてしまう。

 

実際は全くそうではない。

 

表の上の方に位置していると

 

将来の選択肢が増えるだけだ。

 

その位置に胡坐をかいて

 

自分を高める努力を怠っていると

 

すぐにダメになってしまう。

 

 

 

 

繰り返すが、

 

人間に、優劣はない。

 

個性があるだけだ。

 

その個性に応じて、必ず輝ける場所がある。

 

それを見つけ、可能性を最大に発揮していける人生は幸福である。

前の記事

なかま

次の記事

古典や歴史を学ぶ意義