あわてない

昨日の地図アプリの話に続いてもう一つ。

 

谷川俊太郎氏の詩「あわてなさんな」は、こう始まる。

 

花をあげようと父親は云う

種子が欲しいんだと息子は呟く

翼をあげるわと母親は云う

空が要るんだと息子は目を伏せる

道を覚えろと父親が云う

地図は要らないと息子がいなす

夢を見ないでと母親が云う

目をさませよと息子がかみつく

不幸にしないでと母親は泣く

どうする気だと父親が叫ぶ

あわてなさんなと息子は笑う

父親の若い頃そっくりの笑顔で

 

 

 

便利な完成品や出来合いのものに囲まれている現代社会。

 

勉強や仕事にもそういった便利ツールは開発されている。

 

そして、それらはとても簡単に入手できる。

 

美しいものが欲しければ、

 

すぐに手に入れることだってできる。

 

移動手段だって何種類も選ぶことができる。

 

でも、

 

労せずに入手可能な便利なものは

 

自分を鍛え育ててくれるのだろうかということを考えてほしい。

 

花をもらうのではなく、種子から自分で育てて花を作りたいとか、

 

自分の持っている能力を活かす場を見つけたいとか、

 

人生を自分で切り拓くとか、

 

先人たちはみんなそうやって生きてきたはずですよね。

 

この詩は、こどもたちの可能性を信じ、じっくり成長を待つ大切さを示唆している。

前の記事

地図アプリ

次の記事

親友の見つけ方