9.11

今年も思いだした。

 

9.11。

 

 

 

 

教え子が高校に進学し、県の1年間の留学プログラムに応募したいと相談があった。

 

中学時代から英語は得意教科だったが、ずばぬけてできたわけでもない。英検で言えば3級くらい。

 

彼女の決意は固く、英文の推薦状を書いてほしいということだった。

 

よろこんで推薦状を書かせてもらい、選ばれるためにいくつかアドバイスをした。

 

 

 

後日、見事選ばれたと報告に来てくれた。

 

行先はニューヨーク。

 

 

 

 

 

 

出発前にあいさつにきてくれた。

 

がんばってこいよって見送った。

 

 

 

 

アメリカでは9月が新年度なので、日本は2学期が始まってすぐのことだった。

 

 

 

そして、その日がやってきた。9.11が。

 

 

 

日本中その話題で持ちきりだった。

 

 

 

テレビをつけるとどこも同じ映像。

 

 

 

映画じゃないかって思える衝撃的な映像。

 

 

唖然。

 

 

 

 

 

ふとあの子の顔が浮かんだ。

 

 

まさかね。

 

 

でも・・・・・

 

 

まさかね。

 

 

 

ニュースや新聞を見るときには彼女の無事を祈った。

 

 

大丈夫、大丈夫のはず・・・・・

 

 

あの大惨事、不謹慎だが、私は一人の教え子のことだけを案じていた。

 

 

 

 

その子の家に電話をかける。

 

念のため。

 

 

 

 

 

 

「ご心配をおかけしました。無事って連絡がありました。」って。

 

ほっと胸をなでおろした。

 

 

 

 

 

 

 

 

1年後、無事に帰国した彼女はお土産をもって報告に来てくれた。

 

 

「たいていの映画なら字幕なしで聴けるようになった」とか「普通に会話を楽しめる」とか驚くような成長を遂げて帰国した。

 

 

社交的な子だった。日本人とは群れずに、いろんな場所に積極的に飛び込んでいったとのこと。

 

 

 

 

 

 

その子は、念願の客室乗務員として世界の空を飛び回っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

お土産のI♡NYのTシャツ、

 

なぜだか特大サイズ。大きすぎて着れないけれど、今でも大事に飾ってある。

 

 

 

 

 

 

前の記事

文化祭