黒いタイツ

先日のこと。

 

塾生「私の中学校では黒いタイツ着用はダメなんです。

 

入試の日はとても寒いだろうから、着用したいのですが。

 

それってダメなことですか。」

 

私「気持ちはよくわかるよ。入試の朝はとても寒いし。

 

時には雪が降ることもあるしね。

 

 

 

高校も中学生にふさわしい身だしなみであれば

 

マイナス評価をしないだろう。

 

でも、自分の通う中学校のルールにキチンと従う方がいいよ。

 

特に入試の日には。

 

入試当日は、全てにおいてポジティヴでいたいからね。

 

キミの場合は、校則を破っているっていう事実に対して

 

後ろめたさを感じるんじゃないのかな。」

 

 

コートとかタイツとかの規則がある中学校は多い。

 

寒冷地のある学校では

 

黒いタイツが着用できなかったのですが

 

在校生の戦いによって

 

着用できるようになったそうです。

 

 

 

納得のできいないルールは

 

他にもあるでしょう。

 

みんなで破れば怖くないではなく、

 

正式な手続きを経て

 

みんなの力で

 

変えていくのですね。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191212/k10012210831000.html

 

ともあれ、

 

これってとても大事な経験ができたと思うのです。

 

実はこれこそが世の中を変えていくやり方なのですから。

前の記事

通知表が改ざんされた?

次の記事

レッドリスト最新版より