高望み

例年4月に実施される北辰テスト第1回の意義は何だと思いますか。

 

「受験生として自覚してもらうこと」

 

「得意教科と苦手教科を知ること」

 

「範囲の広いテストでの対応力を知ること」・・・・・

 

などなどたくさんあります。

 

 

 

私が考える第1回北辰テストの意義は

 

「現状を知り、高望みをする」ことだと思います。

 

例えば、第1回の結果が偏差値50だったとします。

 

そうすると、

 

偏差値50で合格できそうな志望校を探すのではなく、

 

これからの成長する偏差値として5~15くらい上乗せして、

 

偏差値55~65くらいの学校を探すようにすればいいのです。

 

入試まで1年弱残している中3の4月であれば、

 

これぐらい「高望み」してもいいのではないでしょうか。

 

目標は高いほうがいいです。

 

ただし、今の実力と目標とのギャップが大きければ大きいほど、

 

人一倍の努力を必要とするのは当然であり、

 

覚悟をするべきなのであります。

 

だから、4月の北辰テストの結果をみて、

 

全員が「高望み」をし、覚悟を決めて受験勉強に入っていくのです。

 

 

 

今年はいまだに北辰テストが実施されていません。

 

先輩たちが経験してきた「高望み」の儀式を経験していないのです。

 

ただし、悲観することはありません。

 

「北辰のかこもん」を購入して、試験時間通りに、

 

解いてみてください。

 

そして、「偏差値換算表」で偏差値を出してみましょう。

 

でてきた偏差値に10~15をプラスして「高望み」をしてみてください。

 

どんな試験であれ過去問は最重要アイテムですが、

 

今年は「北辰のかこもん」が例年と比べて、

 

非常に高い価値を持つ年になります。

 

解きまくってみましょう。

 

がんばりぬく「覚悟」と「自分を信じる心」さえあれば、

 

今は夢のような志望校も、現実に変えることができます。

 

「不可能」と思う弱い気持ちから

 

「可能」と思う強い心に変えていきましょう!

 

 

さて、話は変わって、うちの生徒の話です。

 

中2の生徒です。

 

当塾ではICT教材を導入しており、

 

在宅期間では全員に活用してもらいました。

 

授業動画視聴や問題演習が、タブレットやスマホ、PC1つあればすべて

 

できます。

 

進捗具合や正答状況は私が日々管理しています。

 

そして激励やアドバイスのメッセージを送ります。

 

その生徒は、毎日の決められた学習以外にも、

 

1年生の範囲の復習もしっかりとこなしておりました。

 

恐らく在宅期間の学習量は学年でもっとも多かったと思います。

 

通塾再開後も、何だか逞しく見えてくるのは気のせいではないでしょう。

 

1か月後の定期テストの結果が今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

働くことの意味

次の記事

信じる