驚異の年

人類史に名を残す偉人、ニュートン。

 

科学の巨人の逸話は、つとに知られるが、

 

その中に「驚異の年」の話がある。

 

それは1665年から66年の一年余のことを言う。

 

この間、彼は研究に没頭。

 

ノートには1ページに2千余の細かい数字が並ぶ箇所も。

 

 

万有引力の法則をはじめ、

 

数学、力学、光学の偉大な発見のほとんどが、

 

この短期間に結集。

 

驚異と呼ばれる理由だ。

 

さらに研究の場所は大学ではなく家。

 

当時、英国にペストが流行。

 

ケンブリッジのカレッジも閉鎖され、

 

家に戻るしかなかった。

 

小さな書斎と本棚を作り、

 

「あれほど数学と哲学に頭を絞ったことは、

 

あのとき以来ない」と言うほど集中した。

 

 

 

コロナ禍の我々の現在の状況にも似ていると思う。

 

外出も思うようにできない。

 

この状況を嘆いているだけなのか、

 

それとも活用するのか、

 

大きな分かれ道になろう。

 

短期間でも偉業は果たせる。

 

どんな環境でも創意と工夫、

 

集中力で仕事は成就する。

 

それを可能にする力が人間にあることを示唆している。

あれほど懸命に学んだことはない。

 

そう言える学習に挑み、自らの人生に偉大な歴史を刻もう。

前の記事

終戦の日