驚く

AIの美空ひばりさんが

 

テレビ番組で新曲を披露した。

 

賛否両論あるけれど、

 

それとは別の話をしてみたい。

 

 

 

 

手掛けた作品は4000曲余。

 

美空ひばりさんにも曲を提供していた

 

昭和を代表する作曲家の古賀政男氏は、

 

幼少期から音楽の才に恵まれていた。

 

琴であれ、三味線であれ、

 

その音色に夢中になれば、

 

ほどなく独力で弾きこなせるようになったという。

 

その原動力について氏は、

 

「少年時代の私には“驚く”という能力があった」と振り返った。

 

珍しい楽器に出合えば、

 

驚きと好奇心で心がいっぱいになった。

 

どんどん手に取り、

 

音を出さずにはいられない。

 

そうした姿勢が、

 

やがて作曲という創造活動へと大きく開花したのだろう。

 

「驚く」「感動する」という心の動きが、

 

新しい「行動」へとつながっていくのだ。

 

 

 

新年が始まった。

 

「驚く」「感動する」ということを

 

一つのテーマにしてみてはどうだろうか。

 

それが秘めたる才能を開花させるだけでなく

 

人生を豊かなものにしてくれるだろうから。

 

次の記事

地図アプリ