飴細工

このブログを始めてはや1年。

 

毎日欠かさず続けることができた。

 

自分では毎日欠かさないというルールを作っているわけではない。

 

でも、文章を書くことにはあまり慣れていないし、

 

毎日続けていかなければ、

 

途中でやめてしまっただろう。

 

1年という節目は、とりあえず最初の1歩といったところだ。

 

来年はもう少し成長できているはずだ。

 

 

 

 

明治の文豪夏目漱石は文章を飴細工に例えている。

 

「文章は飴細工のごときものなり、

 

延ばせばいくらでも延びる、

 

その代わりに

 

正味は減るものと知るべし」と。

 

このことを、肝に銘じておきたい。

 

 

 

今だって、これを打ちながら

 

文字数が300いっていないなどと

 

考えているところなのだから。

 

 

 

皆さん、こんな私のブログですが、

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

前の記事

いつでもどこでも

次の記事

共に過ごす時間