音楽

刑務所内に突然、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」が響き渡った。

 

映画「ショーシャンクの空に」のワンシーン。

 

無実の罪で終身刑に処された主人公アンディが、

 

看守の目を盗んでレコードを放送したのだ。

 

彼は2週間、懲罰房に入れられた。

 

出てきた時、囚人仲間に感想を聞かれ、

 

「快適だった。音楽を聴いていた」と答える。

 

「穴蔵でレコードを?」と、けげんそうな仲間に彼は言う。

 

「頭の中でさ」「音楽は決して人から奪えない。そう思わないか」

 

これは牢獄だけに限るまい。

 

失意や不安の中にあって、ふと胸によみがえった思い出の曲や歌に、

 

奮い立った経験を持つ人は少なくないだろう。

 

 

 

 

 

先日、オンラインで演奏する楽団の動画を視聴した。

 

別々の場所で演奏しているのだが、

 

そこには

 

たしかに一体感があった。

 

奏者全員が気持ちを一つにしていた。

 

すばらしい演奏だった。

 

勇気と感動をいただいた。

 

 

 

苦しい想いをしている人がいるだろう。

 

受験生もそうだ。

 

苦しくて

 

つらくて

 

やめたくなったとき

 

ココロのそこから流れてくるメロディー。

 

自分の応援ソングがあるといい。

 

私は最近では綾香さんの曲を聴くことが多い。

 

三日月、believeなどなど名曲だと思う。

 

聴けば元気が出てくる。

 

歌は勇気を与えてくれる。

 

 

最後にドイツの詩人フライシュレンの言葉を紹介しよう。

 

「勇気を失うな。くちびるに歌を持て」

 

前の記事

ごまかし

次の記事

信念