音楽のチカラ

私は音楽があまり好きではなかった。

 

音楽と言うのは学校で習う教科の音楽のことだ。

 

 

生徒たちには、

 

現行の学習指導要領では、関心・意欲・態度が評価されるから、

 

一生懸命に取り組みなさい、などと話をしている。

 

このことは本当なのだけれども、

 

自分自身を振り返ってみると、

 

決して一生懸命取り組んだとは言えない。

 

 

テストをされるうちに、

 

自分の才能のなさを知ったからかもしれない。

 

曲を聞いて場面を連想する問題などは、よく分からなかった。

 

ピアノの奏でる音を当てるテストもあった。

 

ドレミではなく、ツェーデーエーのドイツ語で答えるテスト。

 

そもそもドレミでも答えられなかった・・・・・

 

そんな経験を積み重ねているうちに、

 

音楽→テストで得点できない→苦手→嫌い

 

こんな感じになってしまったのかもしれない。

 

 

 

 

音楽のチカラを知ったのは、大人になってから。

 

アフリカで4000万本の植樹を推進した、

 

ワンガリ・マータイ博士のエピソードは有名だ。

 

警察の妨害や暴漢の襲撃にさらされた時、

 

立ち向かう方法の一つが「歌」だった。

 

森で木を植えながら皆で歌い、踊りだす。

 

すると、武装した男たちの表情が柔らかくなり、

 

緊迫していた空気も穏やかに変わったという。

 

そう、音楽のチカラってこんな感じ。

Թույն 😍😍

Sona Kyurekhyanさんの投稿 2020年8月28日金曜日

 

 

小学生や中学生が学んでいることは

 

人間が生きていくうえで大切なものである。

 

だが、

 

与え方や感じさせ方によっては

 

その意図が伝わらないことがある。

 

私の音楽のように。

 

 

 

 

塾での与え方や接し方も同様であろう。

 

間違えると、

 

今の学習はもちろん、

 

学んでいく人生に対しても拒否反応を起こしてしまうことになる。

 

そのことは肝に銘じている。

 

 

 

 

 

さて、話は変わって入試の話。

 

ある私立高校の塾対象説明会に参加したのだが、

 

入試時の新型コロナ対策のお話があった。

 

入り口での検温に引っかかると、その日の受験はダメ、

 

2月の追検査を受けることになる。

 

会場では試験監督はフェイスシールド着用、

 

30分に一度の換気などなど今から考えているとのこと。

 

そして、受験生の机一つひとつにアクリル板を取り付けると言っていた。

 

中高あわせてその数6000!

 

すごい数だ。

 

でも、受験のときって話しするのかな。

 

 

前の記事

瞬間の背景

次の記事

キセキ