革命

革命ということばから、何を思い浮かべるだろうか。

 

清教徒革命やフランス革命、辛亥革命などの

 

歴史の教科書で触れる革命もある。

 

現在は第4次産業革命が起きているとも言われている。

 

これも革命だ。

 

ともあれ、革命という言葉を辞書で引いてみると

 

「抜本的な変革や革新などが、比較的に短期間に行われること」とある。

 

ならば、夏休みという短い期間での「自分革命」はできるだろう。

 

ひと夏で、今の自分を大きく成長させることが自分革命だと言える。

 

夏休みの最終日に「弱い自分に打ち克って行動できた」と言えるならば、革命は成功だ。

 

 

 

 

辻本塾では現在、「夏休み革命軍」を募集中だ。

 

今の自分を変えてみたいと思っている小中学生は

 

うちの塾で、ひと夏の「自分革命」に挑戦してみないか。

 

大事なのは、「自分を変えてみたい」というキモチだ。

 

こればかりは、他人が与えられるものではない。

 

キミの未来は、キミの意志であるのだから。

 

長いようで、短い夏休み。

 

成功の秘訣は、一日一日の積み重ねだ。

 

とにかく一歩踏み出してみる。

 

一歩だけ、そしたらまた一歩と続けていく。

 

そうすれば、花咲くときは必ずやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

話題は変わって、未来の話。

 

おもしろいことをやっている。

 

多様化した社会だから

 

いいアイデアだと思う。

 

小中学生にいいと思う。

 

以下のリンクをご覧あれ。

https://www.d4dr.jp/fcpedia/

 

コメントを残す

前の記事

ほんとうの生きたことば

次の記事

成長の道