青春

かつて「書いた原稿用紙の束が身の丈ほどになれば、

 

ようやく一人前の書き手」といわれた。

 

ただ、それが日の目を見ず、ことごとくボツになったら……。

 

作家の北方謙三さんがそうだった。

 

デビュー直後から懸命に原稿を書くが、

 

10年間で生み出した新作100本のうち、

 

掲載されたのは3本だったという。

 

だが北方さんは、

 

「どれだけ純粋に、どれだけ一途になれるかが青春だとしたら、

 

私の青春はあの原稿の山でした」とインタビューで話している。

 

 

 

 

クラブ活動や

 

習い事などに純粋に一途に打ち込む姿は美しい。

 

でも学習にひたむきに打ち込む姿こそが

 

塾をやっている私にとって最も美しいと思える。

 

書いた漢字や単語や

 

解いたプリントや問題集を

 

積み重ねて

 

自分の身長くらいになるならば、

 

一人前どころかずば抜けた成績になっているだろう。

 

 

 

 

「どれだけ純粋に、どれだけ一途になれるかが青春だとしたら、

 

私の青春はあのプリントや問題集の山でした」

 

言わせてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって身長の話。

 

19歳の平均身長。

 

オランダ人が1位。

 

男性183.8センチ、女性170.4センチ。

 

 

日本は男性172.2センチ、女性158.5センチ。

 

 

 

 

「平均身長が最も高い国と低い国の間に

 

約20センチの開きを生んだ原因として

 

飲食が考えられる。

 

多くの国・地域の子どもは5歳まで

 

健康状況が比較的良好なのに

 

5歳を過ぎるとはっきりとした

 

後退が見られることが現在の問題だ」

 

との考えを示し、

 

研究者からは

 

「世界の栄養政策は

 

主に5歳以下の子どもに注目している。

 

だが、年齢が比較的上の子どもと

 

青少年の成長にもより関心を寄せるべきだ

 

ということが研究で明らかになった」

 

との認識が示されたと紹介した。

https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20201111044/?es=true

前の記事

こころ

次の記事

見ているようで