青春

青春というと、どちらかと言えば

 

スポーツの方が勉強よりも

 

その言葉のイメージに合うと考える人が多いのではないだろうか。

 

確かに、体を動かし、汗を流す姿は見ていてすがすがしい。

 

でも、机に向かい、一生懸命勉強する姿だって

 

悪くないと私は思っている。

 

 

 

 

 

夢×情熱=青春

 

これは作家の新井満氏が考えた「青春度」だ。

 

私はこの言葉がとても気に入っている。

 

スポーツの世界でも、

 

進学の世界でも、

 

自身の未踏の分野に挑む人たち。

 

その胸中に燃えさかる夢への情熱。

 

その炎の勢いが、新たな人生の舞台を大きく開く。

 

これこそが「青春」ではないだろうか。

 

若ければ青春というわけではない。

 

夢と情熱があればこそ青春と呼べるのだ。

 

 

 

 

 

青春の中に生きている人たちは

 

「日に新たにして、日に日に新たなり」であってほしい。

 

夢の実現へ、常に新しい自分で生きていきたいものだ。

 

しかし現実は時々刻々、〝古い自分″が増えていく。

 

初心を持続するのは、だれもが難しい

 

 

 

 

成長や創造性を阻む要因に、

 

「思考習慣病」とも言うべきマンネリ思考の存在が指摘される。

 

症状の一つが「未来喪失症」。

 

過去や現在の問題にとらわれ、未来が見えなくなることだ。

 

行きづまったら、もう一度自身の〝未来のあるべき姿″を描く。

 

そこからスタートする。

 

未来の究極の姿をしっかり見据え、

 

些事にとらわれず、今をどう生きるかが大切だ。

 

 

 

 

うちの塾生・卒塾生たちのことを想う。

 

昨夜、出したやる気は、一夜明けてどうなっているだろうか。

 

日々勝負だ。

 

キーワードは「夢×情熱」。

 

さあ、「今」この瞬間を「青春」しよう。

コメントを残す

前の記事

学習習慣

次の記事

動機付け