電光石火

あるファーストフード企業。

 

客が注文してから商品を受け取るまでの待ち時間を1秒短縮すると、

 

年間8億円の増収になると試算した。

 

客も喜ぶ。

 

だからこそ、スピードにこだわっているという。

 

 

「時は金なり」である。

 

人件費の面からも、時間を短縮した分だけ、

 

利益が上がる。

 

反対に、時間を無駄にすれば、経費の浪費になる。

 

ビジネスの世界で奮闘する者ならば、誰しも「時」の大切さを痛感している。

 

 

 

光陰矢の如し。

 

気がつけば、1学期もほとんどおわりだ。

 

今学期を振り返ってみて、どうだっただろうか。

 

ボーっとしていたら、時間だけが過ぎていく。

 

 

 

『迅速』であれ。『全魂』『真剣』であれ。

 

スピードは勝利のカギである。

 

さあ、燃え立つ心で、電光石火で進もう。

 

 

 

 

 

話は変わって、北辰テストの話。

 

今年度は一度も会場実施ができていなかった。

 

しかし、9月は会場実施が決まった。

https://www.hokushin-t.jp/test/info/infomation.html

 

コロナ対策のために都内で3会場も増えている。

 

北辰図書は相当な苦労の末実施の道筋をつけることができたと思う。

 

機会があれば実施までの苦労話を伺いたい。

 

本当にありがたい話だ。

 

 

 

 

 

 

前の記事

老舗

次の記事

前向きに生きる