開成中学校の授業料免除

開成中学校で授業料免除を始める。

https://bunshun.jp/articles/-/15801?fbclid=IwAR1tfXzs9d_xgK7eJm6cucez9ef3CvnE_qew8Uf5x7iQ2LvFLVICBcx4cDY

 

真のエリート教育に

 

同質化はご法度だ。

 

なぜならば、

 

エリート教育を受けた子どもが成長したとき、

 

世の中にある多様な価値観を理解できなければ

 

リーダーとして人々を引っ張っていくことなど

 

とても無理だからだ。

 

 

かつて慶応・早稲田が筆記試験を行わない

 

人間力による入試を導入して久しい。

 

導入の理由は

 

勉強エリートだけの集団に

 

人間力エリートを混ぜて

 

化学反応を起こしたかったから。

 

 

開成にも生徒たちの同質化の懸念はあるだろう。

 

本当の秀才は

 

塾に通わずに自学で学力を高めることができる。

 

何回目だったか、

 

全国統一小学生テストが始まって間もないころ、

 

成績優秀者が集まる決勝大会の優勝者が

 

塾に通っていない子だったことを思い出した。

 

いわゆるかぎっ子で

 

共働きの両親の帰宅を待っている間

 

読書で

 

アタマを鍛え上げていたとのことだった。

 

 

 

早い時期から毎日のように塾に通い

 

同じような受験生活を送ってきた生徒たちを

 

課金キャラ、

 

経済的に厳しくて

 

塾に通わずに合格する子を

 

最強秀才キャラ

 

と書いてあったけれども

 

そこはあえてノーコメントにしておくが、

 

現状に

 

刺激を与え、化学反応を起こし、さらなる成長をすることが

 

期待できると思う。

 

 

前の記事

9歳の少年たち

次の記事

写真のチカラ