道具

物に恵まれている今の子どもたちは

 

想像するのも難しいかもしれないが、

 

野球ボール1つでさえ、

 

手に入らないほどの物不足のときがあったという。

 

 

 

ミスタージャイアンツ長嶋茂雄さんが

 

野球を始めたのは終戦の年だった。

 

物がない時代で、

 

母親と一緒に、

 

サトイモの皮やビー玉に布を巻いて、

 

ボールをこしらえたという。

 

かつて、テレビの対談番組で語っていた。

 

 

 

 

では、

 

野球ボールがなかったことが不幸なことで、

 

野球ボールがあることが幸せなことなのだろうか。

 

 

 

 

私はそうではないと思う。

 

長嶋氏が母と一緒にボールを作る場面、

 

そのボールを使って野球をしている場面を想像してみる。

 

するとどうだろうか。

 

長嶋少年は活き活きと、とても楽しそうにしている様子が

 

脳裏に浮かんでくるのだ。

 

 

 

 

 

先日、大学受験生が何人か自習をしていた。

 

英単語を覚えるときに、

 

ある子は最新のスマホアプリを使って

自分で作る単語帳 WordHolic! (iOS/Androidアプリ)

 

覚えていた。

 

別の子は昔ながらの単語カードを使っていた。

しくじり英語学習法⑦~手作り単語帳編 | 読んで学んで、考えて。

 

 

 

単語カードがいつから使われ始めたのかは分からない。

 

少なくとも私の親世代のころから使われていることは確かだ。

 

そんな昔に、スマホアプリで学習するなど

 

誰が想像できただろうか。

 

 

 

 

では、そんな便利な道具がある現在の受験生たちの

 

語彙力や学力は上がっているのだろうか。

 

先ほどの少年たちのケースで言うならば、

 

アプリを使っている少年よりも

 

単語カードを使っている少年のほうが成績が良い。

 

 

 

 

 

どんなに時が流れて

 

どんなに便利な世の中になっても

 

モノ自体が人を成長させることはないし、

 

幸せにすることはないと思う。

 

すべては使い手次第なのだということを

 

過ぎ去りし日の長嶋少年や

 

単語カードの少年は教えてくれる。

 

 

 

 

 

 

手垢でうす汚れた単語カード

 

使い込んで膨らんだ辞書や教科書などには

 

何か使い手の気迫のようなものが

 

宿っているような気がするのは私だけだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって結婚の話。

 

政府がピッタリの相手をAIをつかって

 

探してくれるだって。

 

アリー・コンディ作のカッシアの物語という

 

傑作ディストピア物語を思い出した。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201207-OYT1T50151/?fbclid=IwAR0bIJR6lKoWdcK0gZQotcii4TUNxktE_Sgn850A6-giYoo3gfoBnB1doF8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

登山

次の記事

ティーチング