追い込め

野球界のレジェンド、イチローさん。

独占インタビュー》イチロー48歳が語る、なぜ高校球児を教えるのか?「今の高3は僕より重い選手が大半」「仰木監督のセンスに触れたから」 - 高校野球 - Number Web - ナンバー

現役時代のこと。

 

オープン戦で、

 

わざとツーストライクに追い込ませてから、

 

自分がどう対応できるか、

 

試していたという。

 

イチローさんの問題意識の高さを垣間見る思いがする。

 

あえて自らを厳しい状況に追い込んで、

 

挑戦し続けるからこそ、

 

高打率を維持できたのだろう。

 

 

 

 

 

柔道や剣道などには「寒げいこ」があり、

 

浪曲や長唄などにも「寒復習」といった伝統がある。

 

寒い時期だからこそ、

 

猛練習を重ね、自身を鍛えるのだ。

 

 

 

 

受験生も同じだ。

 

寒い時期に鍛えてこそ

 

伸びるのだ。

 

今はその準備みたいなものだ。

 

どんどん自分を「追い込んで」

 

「挑戦」しつづけていこう。

 

今、一番やってはいけないのが

 

「逃げる」こと。

 

逃げちゃだめだ。

 

夏が終わり

 

秋が来て

 

冬が来て

 

春は必ずやってくるのだから。

 

 

 

 

人生は毎日、自分との戦いである。

 

弱い自分との闘争である。

 

その苦難の峰を越えたところに道も開ける。

 

悩みは尽きないものだ。

 

人間は得てして楽な方向に流されがちだ。

 

しかし、それでは人間としての成長もないし、

 

人生の醍醐味も味わえない。

 

あえて困難の道を選び、

 

自身を鍛える生き方にこそ

 

価値があるのではないか。

 

 

 

 

 

コメントを残す

前の記事

高いところから見よう

次の記事

ホンネとタテマエ