輝ける場所へ

暖かな春の日、山にある窯元へ出かけた。

 

道端に、タンポポなど、いろんな種類の雑草が。

 

いつもは気に留めないが、

 

あらためて観察すると、

 

生える場所は草花ごとに細かく分かれ、

 

一つの場所には一つの品種が、集中的に茂っていた。

 

 

 

 

自然界のおきては「適者生存」。

 

「ナンバーワン」しか生きられない。

 

生物学で「ガウゼの法則」と呼ばれるが、

 

ではなぜ、道のあちこちに、一つの品種だけではなく違う花が咲くのか。

 

 

 

 

それが「棲み分け」と呼ばれる生存戦略である。

 

すべての生物がナンバー1になれる場所を持っているのであり、

 

序列があるわけではないのだ。

 

 

 

 

人間の生命にも、優劣はない。

 

個性があるだけだ。

 

その個性に応じて、必ず輝ける場所がある。

 

それを見つけ、可能性を最大に発揮していける人生は幸福である。

 

まずは学習を通して、希望を胸に前へ進もう。

 

自分の場所で輝くために。

 

路傍の雑草が大事なことを教えてくれた。

コメントを残す

前の記事

夢を実現するために

次の記事

書いて貼る