起伏

アメリカのある人物を描いた、こんな一文ある。

 

「小学校を中退した。

 

田舎の雑貨屋を営んだ。破産した。

 

借金を返すのに15年かかった。

 

妻をめとった。不幸な結婚だった。

 

上院に立候補。2回落選。

 

下院に立候補。2回落選……」

 

なんだかぱっとしない人のようですね。

 

でも、

 

この人こそ、

 

アメリカ第16代大統領のリンカーンその人なのです。

 

 

歴代アメリカ大統領の中でも人気ナンバーワンです。

 

 

「奴隷(どれい)解放の父」と仰(あお)がれる

 

リンカーン大統領の人生は、実は失敗続きだったのです。

 

しかし「私は歩くのは遅いが、決して後戻りはしない」

 

と信念を貫き、偉業を成したのです。

 

人生、さまざまな起伏があります。

 

今、悩みの真っただ中にある人もいるかもしれません。

 

でも、苦労した人が、苦労の分だけ達成感を実感することができます。

 

 

 

変毒為薬(へんどくいやく)」という言葉があります。

 

毒を薬に変えてしまうのです。

 

リンカーンの生き方はまさに変毒為薬ですね。

 

何があっても前へ!

 

マイナスをプラスに転じよう。

 

あきらめないことです。

 

5月最終週です。

 

休校期間の最終週です。

 

しっかりと過ごしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

昨日はオンライン説明会や在宅での北辰テストを

 

紹介しましたが、

 

今日は「オンライン法要」を紹介します。

 

自宅にいながら、お寺に参拝したり

 

法事に参加したりできるというもの。

 

私の祖母が亡くなった時に

 

葬儀の際に私の叔父が言っていた言葉が印象に残っています。

 

「死んだ人は、生きている人の心の中に居続ける。

 

だから、葬儀や法要は、今生きている人が結びつくためのものでもあるんだ。」

 

本来は同じ場にいるべきだと思いますが、

 

どうしても参加できないのならば、

 

いないよりはオンラインで参加する方が

 

よっぽどいいと思います。

 

それにしても

 

本願寺の開祖親鸞はこのようなカタチを

 

想像すらしていなかったでしょうね。

https://www.asahi.com/articles/ASN5P73JHN5MUTIL02X.html

 

前の記事

説明会

次の記事

心に太陽を