走馬灯

走馬灯は日本の伝統的な照明器具である「灯籠」(とうろう)の一種です。

 

中の影絵が回転しながら写るように細工されています。

 

影絵なので、もともとは

 

子どもたちを喜ばせるための

 

夏の玩具的なものでした。

 

現在では、

 

影絵が回転する様子が

 

まるで自身の人生を表しているように見える事から、

 

過去の懐かしい思い出や

 

良かった記憶などを

 

感慨深く表現する際に

 

「走馬灯」という言葉が使われるようになっていますね。

 

 

 

 

受験生の中には

 

受験当日に

 

試験問題を必死に考えていると

 

今までの学習したことが

 

まるで走馬灯のように

 

頭の中を巡っている経験をしたことがある人もいる。

 

この絵は、

 

確か教科書の・・・・・

 

右上のほうにあったな・・・・・

 

のように浮かんでくる。

 

また、

 

その問題を習っているときの授業中の様子が

 

鮮明に脳裏に浮かんできたりする。

 

 

あきらめずに

 

最後の最後まで自分を磨いたものは

 

本番を迎えたその時に

 

自分でも信じられないくらいの成長を遂げている

 

ということだろう。

 

まさに正解が降りてくる感じであろう。

 

あきらめないこと

 

それが本当に大事なのだ。

 

 

前の記事

ピーキング

次の記事

英検