負けず嫌い

私の周囲の成功者に共通する「性格」がある。

 

それは「負けず嫌い」ということ。

 

一見負けず嫌いに見えない人でも、

 

実は超がつくほど負けず嫌いだったりする。

 

私自身も、「勝つまでやれば負けることはない」

 

との思いでいままでやってきた。

 

私から見てもこの人の負けず嫌いは異次元のレベルだと思える偉人がいる。

 

その人はこんなことを語った。

 

「成功しない人がいたとしたら、

 

それは考えることと、努力すること、

 

この二つをやらないからではないだろうか。」

 

 

その人とはトーマス・エジソン。

 

【電話】・【蓄音機】・【電球】などの

 

現代人なら誰でも知っているような物を多く発明した。

 

一見するとエジソンの発明は

 

天才的で優れた頭脳の賜物のように思えるが、

 

努力の量もものすごいものだった。

 

それを表すエピソードだが、

 

エジソンは【蓄電池の研究の際には

 

9000回もの実験を繰り返し失敗】したが、

 

その際に「役に立たない材料が

 

何千種類もわかったので良かった。」と発言している。

 

また電球を発明する際には【1万回もの失敗】をした。

 

しかしその際もエジソンは記者に

 

「私は失敗したことがない。

 

ただ、1万通りの、うまく行かない方法

 

を見つけただけだ。」と発言していた。

 

このエピソードから、エジソンの負けず嫌いは相当なレベルだと分かるだろう。

 

 

 

負けず嫌いを先天的なものだという人もいる。

 

生まれつき何事においても負けず嫌いの性格というのが

 

あるのだろう。

 

でも、私は後天的に備える負けず嫌いが

 

圧倒的に大事だと考える。

 

 

負けたくないと最初から考えるのではだめだ。

 

見栄や世間体で考えているだけだからだ。

 

ひとつの物事に心底情熱を注ぎ、

 

強い想いをもつからこその

 

負けず嫌いが本物なのだから。

 

何かにとことん熱くなれる生き方は

 

素晴らしい。

 

傍から見ていても

 

格好がいい。

 

取り組んでいる過程で

 

本物の負けず嫌いは育ってくるのだ。

 

 

 

学習においても

 

トップの子は

 

負けず嫌いなのだ。

 

一見そう思えないような子であっても

 

超がつくほどの負けず嫌いなのだ。