読書の春

劇作家で歌人の寺山修司さんが晩年、

 

病身を押して、

 

大学時代の親友で、

 

脚本家の山田太一さん宅を訪れた。

 

〝おまえの本棚を見せろ〟

 

と言う寺山さんを案内し、

 

2人は懐かしい本を前に、

 

来し方を語らった。

 

寺山さんの葬儀で、

 

山田さんが弔辞に紹介したエピソードだ。

 

 

どんな本を持ち、

 

どんな文章を読んできたか。

 

それが人格をつくり、

 

人生の背骨となっていく。

 

言葉に生きた2人に、深く学ぶ思いだ。

 

 

今年は、読書の春にしませんか。

前の記事

変毒為薬