親孝行

ある日のことだ。

 

生徒と生徒の会話が耳に入ってきた。

 

「うちの親とお前の親を替えてもらいたいよ」

 

どうしたことかと訊いてみると、

 

自分の親は細かなことまで注意するけれど、

 

友人の親はそうではないからと言う。

 

そこで、他人の私が親心と親孝行を教えようと一寸話をしてみた。

 

 

慶応義塾大学の塾長も務めた経済学者の小泉信三は、

 

戦時中、出征する息子・信吉に手紙を書いた。

 

「僕は若し生れ替って妻を択べといわれたら、

 

幾度でも君のお母様を択ぶ。

 

同様に、若しもわが子を択ぶということが出来るものなら、

 

吾々二人は必ず君を択ぶ。

 

人の子として両親にこう言わせるより以上の孝行はない」

 

この文章には、

 

“何ものも、私たち家族の絆を断ち切ることはできない”

 

という愛情と信念、

 

そして、

 

“わが子として生まれてくれた”ことへの、

 

感謝と喜びがあふれている。

 

 

普段の日常では恥ずかしくて言えないかもしれない。

 

しかし、戦地に赴く息子が、生きて帰ってこれる保証はどこにもない。

 

無償の愛とは、親が我が子を何の見返りもなく愛することだ。

 

それに甘んじていてはいけない。

 

親が子を選べるとしたら、

 

必ずキミを択ぶ、

 

こう言わせるような子になってみよう。

コメントを残す

前の記事

忍耐力

次の記事

人生哲学