覚悟

マスターキートンというマンガが好きだ。

 

大分昔のマンガなので知らない人も多いと思う。

 

ヤワラを書いた人が書いた作品だといっても、

 

そもそもヤワラって何と聞かれてしまうと答えに困ってしまう。

 

マスターキートンには

 

ときどき名言がでてくるのもいい。

 

それらの名言の中でもよく覚えているのが、

 

取り返しのつかない人生はない」という言葉だ。

 

どんな状況からでも人は幸福になることができると解釈している。

 

 

 

 

なぜ、マスターキートンのこの言葉を思い出したかというと、

 

月性(げっしょう)という幕末に生きた僧の言葉を目にしたからだ。

 

月性は、私塾の大先輩でもある。

 

幕末に私塾を開き「西の松下村塾、東の清狂草堂」と並び称され、多くの門人を輩出している。

 

その言葉は「学、もし成らずんば死すとも帰らず」というものだ。

 

その意味は、学問を志したら、学問が成すまで、

 

死をもってしても、あきらめて故郷に帰ったらいけないというものだ。

 

死すとも帰らずとは、例えであり、覚悟の程度だと思う。

 

それぐらいの覚悟で学べば、

 

生活の中で学びの優先順位は最上位に位置することになるだろう。

 

すると、その成果も現れてくるのがはやいだろう。

 

これは現在に生きる私たちも見習うべきことではないだろうか。

 

学生は学ぶことが仕事だ。

 

親元で学ぼうとも

 

学ぶべき時に覚悟をもって学ぶことが大切なのだ。

 

中途半端はもったいなさすぎる。

 

どうせ学ぶのならばとことん学んだほうがいいということだ。

 

それくらいの覚悟で取り組んでいることが前提で、

 

「取り返しのつかない人生はない」という言葉が意味を持つのではないだろうか。

 

たとえ絶望するようなことがあったとしても

 

決して心だけは折らないこと。

 

そうすることで、人生は何度でも輝きを放つものなのだろう。

 

この2つの言葉は矛盾しない。

 

それを生徒たちに伝えてあげたい。

前の記事

努力は噓をつく

次の記事

傷のついたリンゴ