褒めること

マラソンの小出義雄氏が

 

マラソンにのめり込んだきっかけは

 

「お前は駆けっこが速いな。すごいぞ!」

 

小学校の担任からこう褒められたことだったそうだ。

 

以来、先日の4年前の逝去直前までマラソン一筋の日々を歩んだ。

 

高橋尚子さんや有森裕子さんをはじめ、

 

世界的なマラソンランナーを育て上げた氏。

 

その指導方針は「褒めて伸ばす」

 

個性やタイプに合わせた練習内容を組み

 

褒めるタイミングに心を砕いたという。

 

 

 

例えば練習好きだった高橋尚子さんには、

 

あえてハードなメニューを課した。

 

その中で、苦しそうな表情をした瞬間に、

 

すかさず「いいフォームだよ」と声を掛ける。

 

すると笑顔が戻り、

 

練習の質も向上していく。

 

こうして無名だった彼女は才能を開花させ、

 

世界一のランナーに育った。

 

 

 

 

「褒める」と「おだてる」は

 

似ているようだが、全く違う。

 

「褒める」は、

 

相手を知らなければできないからだ。

 

相手の努力や苦労を理解し、

 

その心に寄り添いつつ、

 

的確に評価する。

 

褒める側の眼力や人間力も問われる。

 

 

 

 

 

 

私も生徒たちを時を逃さず褒めていきたい。

 

生徒たちはみんな、褒める材料を日々コツコツと作っていってほしい。

コメントを残す

前の記事

1%

次の記事

らせん階段