虹の色

「虹は何色?」と聞かれたらどう答えるだろうか。

 

 

「7色」と答える人が大半だと思う。

 

日本人は、(1)赤(2)だいだい(3)黄(4)緑(5)青(6)藍(7)すみれ、の7色と見る。

 

しかし、オランダ人は、(1)赤(2)オレンジ(3)黄(4)緑(5)青、の5色と見ている。

 

オランダ人に「藍や、すみれ色は?」と聞くと、「それは青が濃いだけ」と返ってくるのだ。

 

考えてみれば、

 

光の色は連続しているので、

 

どのように区分けするかは、

 

見る人の感覚の問題。

 

日本では七つの色に分けるが、

 

その分け方は地域によって多様なのだ。

 

 

 

 

人間はとかく、「自分の基準」で物事を見がちだ。

 

それでは人間の幅を狭めるのではないだろうか。

 

「違う見方」をする人と出会ったら、

 

否定するのではなく、

 

自分が気付かない新しい視点かもしれないと、

 

まずは真摯に耳を傾けてみてはどうだろうか。

 

「聞き上手」は、互いの人生を豊かにするのだから。

コメントを残す

前の記事

巨人の肩にのって

次の記事

未来予想