英検

小中学生が英語学習をしていると

 

かならずと言っていいほど

 

耳にするのが英検。

 

5級から始まってステップアップしていきます。

 

大学入試共通テストは

 

英検準2級くらいの難易度です。

 

こういうふうに書くと

 

「自分はもうすでに英検準2級に合格しているから

 

大学受験レベルの英語の問題が解けるんだ」

 

と誤解する人がいます。

 

実際に解いてみると分かりますが

 

小中学生で準2級に合格している人が

 

共通テストを解いてみると

 

苦戦すると思います。

 

英検ほど解きやすい出題形式ではないし

 

4択式ではないからです。

 

 

そもそも大学入試共通テストは

 

基礎レベルです。

 

だから高得点をとることが

 

前提です。

 

それに対して

 

英検は

 

6割程度の得点で合格できます。

 

英検準2級の問題を

 

4択式でなく英作文などで

 

出題してみると

 

準2級合格者の中には

 

解けない人も出てくるでしょう。

 

先日、うちの塾の小学生が

 

旺文社の英検の教材をつかって勉強していました。

 

その生徒は5級に合格しています。

 

きいてみると

 

忘れてしまっているから再度勉強しているとのこと。

 

よく分かっている。

 

さすがですね。

 

 

 

 

英検は

 

受験に役に立ったりするので

 

受検したほうがいいと思います。

 

でも

 

合格した級のレベルの

 

どんな問題でも解けるようになるわけではありません。

 

そこを理解したうえで

 

チャレンジしていくとよいのではないでしょうか。

コメントを残す

前の記事

次のシーズン

次の記事

合格発表