自分目線で考えない

辻本塾もオープンしてから

 

半年以上が過ぎた。

 

そろそろ地域に認知されてきただろうと

 

思いたい気持ちもある。

 

しかし甘い幻想にすぎないことも分かっている。

 

毎日うちの塾の前を通る人だって

 

ここに塾があるってことを認知していない人も

 

多数いるだろう。

 

塾なんて必要があっていく場所ではないし、

 

小学生と中学生だけが通う場所なんだ。

 

私だって

 

駅前にどんな塾があるかは知っている。

 

それは同業者だからなのであって、

 

興味のない業種であれば全く見ていない。

 

だから、駅前のビルに入居中の塾は知っていても、

 

その同じビルの他のテナントなんて

 

ひとつも覚えていないのだ。

 

要はうちの塾も

 

何年経過しても

 

地域からは

 

その程度しか認知されていないだろうと

 

理解していなければいけないのだ。

 

 

 

まだまだひよっこの塾だけど、

 

真剣さと楽しさの両立にこだわり

 

一人ひとりの成長のドラマをサポートできる

 

そんな塾でありたい。

 

新年度授業は3月5日スタート。

 

新しい学びをここからはじめよう。

 

全力で応援します。

前の記事

一を習って十を知る

次の記事

偉そうなことを言う前に