自分よりも大切にできる人がいることは最高に幸せなことなのだ

アルブレヒト・デューラーという画家をご存じですか。

 

ルネサンス時代の画家です。

 

「祈りの手」という有名な版画の作品があります。

 

 

今から、約500年前のこと。

 

ドイツのニュールンベルグの町にデューラーとハンスという2人の若者がいました。

 

彼らは版画を彫る親方の元で見習いとして働いていましたが、

 

毎日忙しく、自分の勉強ができません。

 

思いきってそこをやめて絵の勉強に専念したいと思いました。

 

しかし、2人の家は貧しく働かずに勉強できる余裕はありませんでした。

 

そんなある時ハンスがデューラーにあることを提案しました。

 

「2人が一緒に勉強はできないので、

 

1人ずつ交代で勉強しよう。

 

1人が働いてもう1人のためにお金を稼いで助けよう。

 

そして相手の勉強が終わったら今度は自分が勉強し、

 

相手の方は働いてそれを助けるのだ。」

 

どちらが先に勉強するのか、

 

2人は譲り合いました。

 

「デューラー、君が先に勉強してほしい。

 

君の方が僕より絵がうまいから、

 

きっと早く勉強が済むと思う。」

 

ハンスの言葉に感謝して

 

デューラーはイタリアのベネチアへ

 

絵の勉強に行きました。

 

ハンスはお金がたくさん稼げる鉄工所に勤めることになりました。

 

デューラーは先生について一生懸命勉強しました。

 

「1日でも早く勉強を終えてハンスと代わりたい」

 

とハンスのことを思い寝る時間も惜しんで絵の勉強をしました。

 

一方残ったハンスは

 

デューラーのために早朝から深夜まで重いハンマーを振り上げ、

 

今にも倒れそうになるまで働きお金を送りました。

 

1年、2年と年月は過ぎていきましたが

 

デューラーの勉強は終わりません。

 

勉強すればするほど深く勉強したくなるからです。

 

ハンスは「自分がよいと思うまでしっかり勉強するように」

 

との手紙を書き、デューラーにお金を送り続けました。

 

 

 

数年後

 

ようやくデューラーはベネチアでも高い評判を受けるようになったので、

故郷に戻ることにしました。

 

「よし今度はハンスの番だ」

 

と急いでデューラーはニュールンベルクの町へ帰りました。

 

2人は再会を手を取り合って喜びました。

 

ところがデューラーはハンスの手を握りしめたまま

 

男泣きに声を上げて泣き出したのです。

 

なんとハンスの両手は

 

長い間の力仕事でごつごつになり、

 

絵筆はもてない手に変わってしまっていたのでした。

 

「僕のためにこんな手になってしまって」

 

と言ってデューラーはただ頭を垂れるばかりでした。

 

しかしハンスは「心配するな。こんな手ではもう絵筆は持てないが、

 

ハンマーを持たせたら天下一品なんだぞ」

 

と言ってデューラーを慰めました。

 

「ありがとうハンス。許してくれ」

 

と謝ったデューラーは自分を犠牲にしても

 

画家にしてくれたハンスのごつごつした手を

 

心を込めて描き上げました。

 

デューラーが立派な画家になるように

 

と祈りを込めて働いたハンスの手を描いたことから、

 

その絵は「祈りの手」と呼ばれています。

前の記事

働きアリの法則

次の記事

夢と志