自分の能力に限界を引かない

平成31年に亡くなった米沢富美子さん。

第1回(2020年)米沢富美子記念賞受賞者の皆さまへ | 学会活動 | 一般社団法人 日本物理学会

大学院に通っていた23歳で学生結婚、

 

3人の娘を育てながら、

 

世界的な研究成果を上げ、

 

「学会の子連れ狼」と呼ばれたそうだ。

 

子育てと研究を両立させながら

 

数々の新理論を発表。

 

度重なる病や愛する夫の死を乗り越え、

 

平成17年には優れた女性科学者に贈られるロレアル・ユネスコ女性科学賞を受賞した。

 

日本の女性科学者のパイオニアだ。

 

 

 

彼女は「めげない」「優先順位をつける」など、

 

人生のモットーを五つに要約した。

 

その第1に掲げたのが「自分の能力に限界を引かない」。

 

自分には無理と「可能性を限ってしまうのは、自分自身に対する侮辱」

 

「人間のほんとうの底力なんて、じつは本人にも把握できていない」。

 

限界を決めるのは、他の誰でもない、

 

“後ろ向き”の自分自身だ。

 

弱気を打ち払い、挑戦を貫くことで、成長もある。

 

新たな扉を開くこともできる。

 

 

 

これは学生たちの学習においてもまったく同じだ。

 

「ムリ」と決めつけて、挑戦すらしない子がいる。

 

挑戦なくして成長なしなのだ。

 

むしろ、困難に出あうたびに、

 

また戦える喜びがわいてくる。

 

そんな心意気で今日もがんばっていこう。

コメントを残す

前の記事

志が人をつくる

次の記事

忙しい人であれ