自分がどうあるべきか

昨年の今日3月21日に引退した

 

野球界のスーパースター

 

イチロー。

 

新たなシーズンの始まりには

 

アメリカから届く彼のニュースを楽しみにしていたのだが、

 

今年からはそういうわけにはいかないのが

 

少し残念だ。

 

 

彼のような超一流の選手は、

 

参考にしたい逸話に事欠かない。

 

イチローは、

 

新たなシーズンに臨む際、

 

「首位打者になる」といった目標は立てなかったという。

 

首位になるかどうかは、相手のあること。

 

打率よりも安打数にこだわり、

 

1試合、1打席を積み重ねる野球人生を歩んでいたのだ。

 

 

 

野球だけではなく、

 

人生でも

 

〝相手がどうか〟

 

に気をもむよりも

 

〝自分がどうあるべきか〟

 

に行動の規範、目標

 

を据えた時、

 

進むべき方向が明確となろう。

 

 

 

自分に関することは

 

自分が源泉であるのだ。

 

 

前の記事

サクラサク

次の記事

学年と学習時間