老舗

老舗[しにせ]とは、昔から長く続いている店のこと。

 

語源を調べると、「仕似せる」から出た言葉だ。

 

「文字どおり先祖から受けついだ商売を〈まねる〉意。

 

ある点では、独創的の反対で、

 

家業をできるかぎり現状のまま忠実に守ること」が元意という。

 

 

だが現実は、単に先人がやったことをまねし、

 

それに固執すれば経営が永続するわけではない。

 

老舗の味噌店は“お客様に分からないように、

 

味も変わり続けていく”と。

 

歴史のある饅頭店は「欲しければ取りに来い」という姿勢を改め、

 

百貨店などの店頭で売り出す方針に転換したからこそ、

 

今も成功している。

 

先人が築いた土台の上に、

 

ただあぐらをかいていては、やがては滅びる。

 

味や品質など先代から受け継ぐべきものは継承しつつ、

 

変化させ続ける。

 

経営には「攻め」の姿勢を貫く。

 

このチャレンジ精神にこそ、

 

老舗の伝統があると思えてならない。

 

 

 

 

実は私たちの日々の活動も、自身の変革への挑戦の連続だ。

 

“もうこれでいい”という終着点はない。毎日が出発である。

 

二度とない、きょうという一日。

 

みずみずしい心で行動しよう。

 

間断なき挑戦の先に、自分自身成長がある。

 

 

 

 

 

辻本塾では、学年などにもよるのだが、今日が夏期講習のスタート。

 

2学期の学習は1学期の学習よりも深く難しくなるのは当然だ。

 

2学期に成績向上するためには、

 

今までの学習をしっかりと理解し定着していなければいけない。

 

そのための学習が今日以降始まっていく。

 

内容は基本的に一日で完結するようになっている。

 

日々気持ちを新たに取り組むための工夫でもある。

 

さあ、はじめよう。

前の記事

踏み台

次の記事

電光石火