習い事

小学3年生になった甥っ子が

 

習い事を始めるという。

 

今時珍しく、何一つ習い事をしていなかった。

 

毎日のように習い事をやっている友達も多いのだが

 

今まではやりたがらなかった。

 

心境の変化があったのだろう。

 

習い事を始めたいと自分から言い出したのだという。

 

しかも、運動系をひとつ、勉強系をひとつ、

 

ふたつの習い事をやると言い出したらしい。

 

適性を見つけるとか

 

上を目指すとか

 

よい経験をするとか

 

最初からそんなに多くを求めたり

 

気合を入れなくてもいい。

 

楽しんでもらえればそれでいい。

 

続いてくれたらいいなと思う。

 

 

 

 

習い事が続くと言えば、

 

こんな話を思い出した。

 

日本のマダム・キュリー”と呼ばれる物理学者がいた。

 

湯浅年子博士。

お茶の水女子大学賞「湯浅年子賞」 | お茶の水女子大学

 

「自分自身のためでなく科学の進歩のために」の信条で、

 

生涯を真理の探究に捧げた。

 

彼女はフランスで、マリー・キュリーの娘婿でありノーベル賞科学者のフレデリック・ジョリオ・キュリー教授に師事。

 

労苦をいとわぬ研究を、たゆみなく重ねた。

 

研究中、器具でけがをし、意識を失いかけたことも。

 

気管支炎を患い、医師に休養を厳命された時には、

 

「日本女性にとって38度は平熱です」と言い、

 

研究を続けたという。

 

彼女は自著に記す。

 

「最後まで徹底的に」と。

 

心にあったのは師・ジョリオ教授の言葉。

 

「世の中に天才というものはない。ただどこまで努力するかがあるだけだ」であった。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、彼女は幼少期、習いごとは身につかなかった。

 

長唄を教わっていたが、

 

稽古に入るとすぐに眠りに入ってしまうほどだった。

 

母は他の姉妹には茶の湯や裁縫などを教えていたが、

 

年子に対しては諦めていたためか例外であったという。

 

 

 

 

習い事では自分の可能性は分からない。

 

何でもいい。自分の決めた道に徹し抜こう。

 

徹すれば使命の舞台は、きっと広がる。

 

青春、そして人生の、真の勝利と満足は、そこにある。

 

大切なのは、道を自分で決めること。

 

湯浅年子博士のように。

 

 

コメントを残す

前の記事

読書

次の記事

きっと