継続

高校生が北辰テストの過去問を解いてみて

 

得点を偏差値換算してみたら

 

恐らくほとんどの人が

 

過去の自分の成績を下回ることになるだろう。

 

これは

 

大学生が高校生のテストを受けても

 

同じことが言えると思う。

 

なぜだろうか?

 

それは

 

その学習を継続していないから。

 

アタマがいいから

 

いい成績をとるのではなく

 

継続しているから

 

いい成績が取れるのだ。

 

 

 

 

気象予報士の森田正光氏が語っていた。

 

記録の集積は、過去を現在に伝えるだけでなく、

 

未来の建設にもつながる。

 

だから、気象関係者の間では

 

「観測の継続こそが最も重要な任務」ということが常識となっている、と。

 

 

 

 

 

トルストイは、

 

18歳の頃から生涯、日記を書き続けた。

 

22歳の時には、

 

「日記によって自分自身を判断することはきわめて好都合である」と記している。

 

彼は日記を読み返しながら、

 

自分の成長を確認し、明日へ出発する誓いにした。

 

 

 

 

 

何事も継続は力である。

 

「雨垂れ石を穿つ」と言うように

 

日々にたゆまず学ぶ。

 

その一日の努力、一歩の前進が

 

やがて大きなことを成し遂げる。

コメントを残す

前の記事

荀子曰く

次の記事