第4回中3北辰テスト解きなおし

本日は中3の北辰テスト。

 

夏休みの学習の直後に行われる模試なので、夏の成果があらわれる。

 

実際は、運不運もあるけれど、それは入試全般にも言えること。

 

運も実力のうち。

 

塾生は、一旦帰宅後、腹ごしらえをした後、塾に来て解きなおしをしている。

 

 

間違えた問題に悲鳴が上がる。

 

しかし、間違えた問題は実は「宝の山」なのだ。

 

そこに成長の種があるからだ。

 

模試はふだんの学習とは少し違う。記憶がしっかりしているうちに徹底解きなおしが成長のカギ。

 

放置していてはもったいなさすぎる。

 

 

 

★解きなおしのときの注意点。

 

間違えた問題を4つに分類してみると、

 

知識がなかった。

これは解説とか教科書やテキストをみて、すぐにでも理解する必要がある。

放置しておくと、大変なことになる。

 

問題が読めていなかった。またはうっかりミス。

よく読んだら正答が分かったのに・・・

よく聞きます。

問題を読む力も実力のうち。

こう書いたつもりなのに・・・・

うっかりミスも実力です。

戒めのために、「間違えノート」を作り、記録しておくことを勧めます。

次回の模試のときには直前に、過去のミスを見返してみるといいですね。

 

時間が足りない

時間があれば解けたのに・・・・・

これもよく聞きます。

時間配分も実力のうち、

というより、最後に立ちはだかる壁は時間配分。

これも「間違えノート」に記録しておき、次回以降の最適なペース配分を考えておきましょう。

 

たまたま当たっただけ

運よく当たった問題があるはず。〇ではなく×で分類しよう。

この場合は、「運は実力ではない」と考えてるべき。

①の知識がなかった同様「間違えノート」に記録しておきましょう。

 

 

 

模試って、解きなおし次第では、普段の学習以上に合格力向上に役にたつものなのです。

過去問も同様なのですが、模試会場って空気感が全然違いますよね。

前の記事

農学が世界を救う

次の記事

新しい学問