第1回進路希望調査結果

令和2年3月中学校卒業予定者の第1回進路希望状況調査(10月1日現在)結果がでました。

 

★公立高校の希望者が減少しています。

 

★全日制の普通科・専門学科・総合学科を合わせた全体の倍率は、前年同期の1.24倍から1.21倍へと低下しています。

普通科   1.34倍→1.31倍
専門学科  0.96倍→0.93倍
総合学科  1.03倍→1.00倍
全日制全体 1.24倍→1.21倍

以上のように各学科とも前年同期倍率を下回っている。

★公立高校普通科の倍率ランキング上位20 (   )は前年同期。Sマークは学校選択問題採用校。
①市立川越3.30倍(4.04倍)
②川口市立2.58倍(3.34倍)※文理スポーツコース除く
③市立浦和2.56倍(3.26倍)S
④浦和西 2.41倍(2.55倍)S
⑤上尾  2.35倍(2.53倍)
⑥川越南 2.34倍(2.24倍)S
⑦鳩ヶ谷 2.06倍(1.46倍)
⑧蕨   1.99倍(1.87倍)S
⑨越ヶ谷 1.97倍(2.45倍)S
⑩大宮  1.92倍(2.08倍)S
⑪浦和南 1.90倍(1.95倍)
⑫大宮北 1.90倍(1.56倍)
⑬越谷南 1.86倍(1.76倍)
⑭熊谷西 1.77倍(1.55倍)S
⑮鴻巣  1.75倍(1.56倍)
⑯所沢  1.74倍(1.86倍)S
⑰所沢北 1.73倍(2.36倍)S
⑱和光国際1.73倍(1.68倍)S
⑲坂戸  1.72倍(1.40倍)
⑳浦和  1.62倍(1.55倍)S

★その他の学校選択問題採用校
川越  1.54倍(1.53倍)
不動岡 1.50倍(1.54倍)
川越女子1.44倍(1.61倍)
川口北 1.41倍(1.30倍)
越谷北 1.38倍(1.58倍)
浦和一女1.30倍(1.18倍)
熊谷女子1.14倍(1.05倍)
熊谷  1.13倍(1.18倍)
春日部 1.11倍(1.16倍)
春日部女子0.85倍(0.87倍)

前の記事

柔道界のレジェンド

次の記事

来年流行りの部活動は?