笑顔

放映45年目の長寿テレビ番組「徹子の部屋」

の第1回ゲストは森繁久彌さんだった。

森繁さんは、黒柳徹子さんの笑顔を褒めながら言った。

しかめっ面や仏頂面ばかりしていると、

しわが戻らず、刻まれてしまう

「だから、笑顔でいてください」

この言葉に、番組をどうしていくか、

悩んでいた黒柳さんの心が晴れたという。

〝気張らず、背伸びをせず、自分らしく〟

と。長く番組が愛される要因の一つは、

この黒柳さんの自然体と笑顔にあろう。

 

「幸福だから笑うのではなく、

笑うから幸福なのだ」

と言った哲学者がいたが、

何があっても負けない心の強さの証し

――それが笑顔なのだろう。

 

もうすぐ新生活が始まる人も多い。

笑顔を忘れずに。

類は友を呼ぶというが、

笑顔でいれば

笑顔が周りに集まる。

新生活が楽しくなるのかどうかは

周囲だけの問題ではなく、

実は

自分自身の問題でもあるのだ。

前の記事

浦和一女音楽部演奏会

次の記事

親心