笑顔

30年間とある商店で働いてきた男性がいる。

 

今年、不況で店を辞めることに。

 

50歳を過ぎて、新たに何ができるか。

 

今はまず得意先を回り、これまでの感謝を伝えようとした。

 

ある得意先で、

 

「今日までお世話になりました」と深々と礼をした。

 

すると、思いがけず先方から

 

「うちの会社に来ませんか」と。

 

とんとん拍子で再就職が決まった。

 

入社の際、

 

あなたのように笑顔で元気に返事のできる人が欲しかったと

 

採用理由を聞かされた。

 

自分を過小評価していたことに気づいた。

 

 

 

 

「あの若いのは、笑顔がとてもいい」。

 

人類初の宇宙飛行を成し遂げたガガーリンは、

 

快活さでチャンスをつかんだ。

 

宇宙飛行士になるために、

 

旧ソ連全土から選抜された最優秀のメンバー。

 

技術・知識・体格面からいって、

 

誰が選ばれても不思議でなかった。

 

事実、ガガーリンは、どの訓練でも一番を取っていない。

 

ただ彼は、チームをつくると、

 

不思議とリーダーになっていた。

 

なぜか。

 

「いざというときの決断が早い」

 

「仲間の信頼が厚い」

 

「いつもにこにこしている」

 

この三つの資質があったからという。

 

 

 

 

笑顔が一番。

 

何をするにも

 

どうせやるなら

 

笑顔がいい。

 

さあ、きょうも笑顔で自らを磨こう!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって絵の話。

 

私は絵を描くのが苦手だ。

 

美術は苦手教科だった。

 

でも・・・・・・・

 

これは私から見ても上手とは言えない。

 

私もいい勝負ができると思う。

古代ペルー人も猫が好き?ナスカの地上絵から2200年前のネコの絵が発見される | Cat Press

https://www.cnn.co.jp/style/arts/35161167.html

前の記事

受験道

次の記事

物語のチカラ