笑い

赤ちゃんは生まれたあとはもちろん、

お母さんのおなかの中にいるときも

にっこり笑うことがあります。

これは「生理的微笑」と呼ばれ、

「天使のほほえみ」とも言われます。

実は、赤ちゃんは「楽しい」とか「嬉しい」

といった感情を持っていないときから

自然と笑顔を作ることができます。

これはお母さんに可愛がって育ててもらうための

本能的な笑顔なのです。

そして、赤ちゃんは本能的に「笑う」事によって

周囲の人が笑顔になり、

優しくしてくれる事を体験して

「この表情をすれば優しくしてくれる」と学び、

笑顔を繰り返すようになる、と言われています。

 

また、治る確率が非常に低い難病の患者に、

コメディ映画や漫画を見せて

笑顔を引き出させて完治した例もあります。

笑いには「インターフェロン(ウイルスに感染した時に

それを壊す為に体内で作り出されるたんぱく質の一種)」

の分泌量を増加させる」効果がある事も実証されています。

このように、笑いは不快さへの耐久力を高めます。

 

「一笑一若一怒一老」

中国にあることわざです。

人間は一度笑うと若返り、

一度怒ると年を取る、という意味です。

それくらい笑いの効用が大きい、ということです。

みなさんは心の底から笑えていますか。

前の記事

コロンブスの卵

次の記事

五重塔