確率

今度の土曜日は、うちの小学生たちの宿泊学習の出発日だ。

 

雨マークは出ていないし、降水確率も20%だ。

 

よかった。

 

 

 

このような場合に、天気予報の「降水確率」を見るように、

 

人は物事を判断するとき、「確率」を考える。

 

では「確率が計算できない」場合はどうだろうか?

 

 

 

 

その時、人は「最悪の事態」を予想して行動する。

 

昔、雲行きが怪しかったら洗濯をやめたように。

 

人間は「不確実性」を嫌う。

 

活発だった株式の取引が、

 

悲観的なニュースによって先行きが分からなくなると、

 

大方がいっぺんに手を引く。

 

バブルが、徐々にではなく一気に崩壊するのは、この理由だ。

 

 

 

だが、見通しが立たない困難に直面した時、

 

例えば、突如、生活の糧が失われたり、

 

病気で医師から余命を告げられたような場合、

 

悲観にとらわれ、

 

最悪の事態ばかり考えていては絶望するだけだ。

 

最悪を見据えつつ、

 

「不確実」

 

すなわち「決まっていない」のだからこそ挑戦する。

 

人類は、こうして未来を切り開いてきたのではないか。

 

冤罪を被って国外追放されたダンテは、

 

過酷な運命に対してなお、

 

「もし意志の力が/十分に養成されているならば、すべてに克てるはずだ」と。

 

人間の中には、

 

不確実な人生を確実にしていく力が秘められている。

 

人生の勝負を決めるのは誰でもない。

 

自分である。

 

だから勝つと決めた人が、最後に必ず勝つ。

 

 

 

模試に書かれてある合格確率なんて

 

あてにならないよ。

 

ホントだよ。

 

がんばれ、受験生。

前の記事

世界で一番偉い人

次の記事

目的と目標