登山

日本登山の歴史を開いた人物に、

 

ウォルター・ウェストンがいる。

 

今年、創立115周年を迎える日本山岳会の創設功労者で、

 

数々の名峰を制覇したことでも知られる。

 

 

「日本三大奇勝」の群馬・妙義山もその一つだ。

 

この登山に彼は、

 

地元案内人の根本清蔵と互いの体をザイル(綱)で結ぶ、

 

当時としては日本初の技法で挑もうとする。

 

 

 

しかし〝自分が落ちれば一緒に落ちてしまう〟

 

と清蔵は二の足を踏む。

 

その時、ウェストンは言った。

 

〝岩場で足を踏ん張っているから

 

清蔵を落とすことは絶対にない〟

 

 

 

2人は、互いを信じ、

 

未踏の道へ踏み出した。

 

後に、この登頂が日本近代登山の発祥といわれた。

 

 

 

登山はなぜ、人を引きつけるのか。

 

理由の一つは、そこに人生の縮図を見るからだろう。

 

義務ではなく自らの権利として、

 

あえて険難に挑む。

 

仲間を信じ、

 

自分も仲間の信頼に応えようと努力する。

 

そこには、

 

安逸の日々では得られない充実と成長の手応えがある。

 

 

 

入試への挑戦にも相通じるものがある。

 

自ら選び、

 

仲間たちと、それぞれの志望校という山を目指す挑戦だ。

 

そこには一人ひとりの成長のドラマがある。

 

そして、

 

今、まさにクライマックスを迎えようとしている。

 

ひたむきに

 

おおらかに

 

残された日々を過ごしていこう。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって中学生の修学旅行の話。

 

コロナ禍の中、中止など苦渋の決断が目立つが、

 

日帰りの修学旅行だって。

 

良いアイデアだと思う。

 

困った時にこそ、アイデアが浮かんでくるっていうけれど、

 

まだ驚くようなアイデアが出てくるといいな。

https://www.nikkei.com/video/6214072550001/

前の記事

暗闇

次の記事

道具