発酵

「甘酒」は夏の季語か?冬の季語か?

 

 

 

 

答えは「夏」だ。

 

 

意外に思ったが、江戸時代、甘酒は真夏の飲み物だったというのである。

 

当時の甘酒は、現在の酒粕を溶かしたものとは違って、

 

炊いたお米に米麹を加え、一日、発酵させたもの。

 

そうすると、ブドウ糖やビタミンB類、アミノ酸などを豊富に含む。

 

いわば、夏バテ防止の栄養ドリンクだったのである

 

 

お米が栄養満点の甘酒になるには「発酵」が必要だ。

 

発酵の原理は、微生物がかかわるという点では、「腐敗」と同じ。

 

違うのは生成されるものが人間に有益か有害かだという。

 

 

思い通りに事が進まない時、

 

気が滅入ることを「腐る」という。

 

腐敗から転じた意味だ。

 

 

 

一方で、思い通りにならない困難であっても、

 

それを克服し、勝利感が味わえれば、

 

それは「発酵」といえるのではないだろうか

 

『あえて苦労に』『あえて苦難に』挑んでいただきたい。

 

そうするうちに、発酵していく。鍛えられていく。

 

どのような状況であっても、「あえて挑戦しよう」という気持ちで進もう。

 

この心こそが私たちにとって、最も豊かな滋養となる。

 

 

 

同じ現実だって、

 

自分のココロしだいで

 

「腐敗」にもなれば「発酵」にもなる。

 

だったら、「発酵」させたほうがいいに決まっている。

 

まずは、チャレンジ精神だ。

 

 

前の記事

前向きに生きる

次の記事

開拓者魂