物語のチカラ

ドイツの作家エンデの代表作『モモ』は、

 

時間に追われて人間らしさを失う現代人に

 

警鐘を鳴らすファンタジー。

 

だが、エンデは「教訓話にして受け止めないでほしい」と語った。

 

小説家の小川洋子さんは

 

「教訓にしてしまうと、

 

一行くらいで物語を要約することになります。

 

そういう簡単な一行ですませてほしくない

 

という気持だったと思います」と補い説明する。

 

 

「友情を大切に」と一言で言われるより、

 

太宰治の『走れメロス』を読んだほうが、

 

子どもたちは多くの“宝”を手にすることだろう。

 

時代を超えて読み継がれる良書は、

 

主人公と一緒にさまざまな出来事や出会いを“体験”することで、

 

人生を豊かにしてくれる。

 

それが「物語の力」だ。

 

読書の秋。

 

本の世界に飛び込んでみよう。

 

 

 

 

 

話は変わって、ピアニストの話。

 

11歳だって。

 

前の記事

笑顔

次の記事

良書との出会い