点額魚

唐の詩人・白居易に「点額魚」という詩がある。

 

登り切れば竜になれるという「竜門の滝」の故事にちなんで詠んだもの。

 

「点額」とは“額に傷を受けること”を指し、

 

点額魚は、滝を登り切れず、

 

岩に打ち付けられて額に傷を負った魚のこと。

 

その魚の気持ちはどんなものだろうと白居易は自問した。

 

「聞けば、竜になれば天に昇って雨を降らせる苦しみがあるそうだ。

 

そんな苦しみをするよりは、

 

永く魚となって自由に泳ぎまわっているほうが、

 

あるいはかえって、ましかもしれない」

 

大きな壁に挑み、背負わなくてもよい苦しみを背負うより、

 

今いる場所で自由に生きているほうが幸せなのではないか、

 

―人生の岐路にさしかかった時、

 

誰の胸にも湧いてくる微妙な心を、

 

詩人は表現したのだろう。

 

 

 

しかし、竜は竜なりに雨を降らす労苦がある。

 

この労苦を苦悩ととるか、

 

人生の使命ととるか。

 

この違いが、人生を大きく変えるのだろう。

 

 

滝を登り切れ!

 

ガンバレ、受験生!

前の記事

ネコ専用

次の記事

移住