渡り鳥

春の到来を感じる。

 

来月には渡り鳥の「春の渡り」の時期が到来するだろう。

 

春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編|地球の歩き方

 

人間ならば、コンパスと地図、

 

もしくはカーナビやスマホナビがなければ

 

到底たどり着けない長距離を

 

渡り鳥はそれらの道具なしで旅をする。

 

実際、渡り鳥はそれらの道具に近い能力を

 

持っているようだ。

 

いわゆる体内時計を太陽や星の位置と照らし合わせて

 

方角を決めるそうだ。

 

人間が長距離ドライブでカーナビに示された

 

ルートを辿っていくように、

 

渡り鳥も、自由に空を飛んでいるようで

 

実は一定の軌道を進んでいる。

 

カーナビに示されたルートのように

 

人間の肉眼に渡り鳥のルートが見えないだけなのだ。

 

 

 

渡り鳥だけでない。

 

太陽や月、地球などの天体にも運行の軌道がある。

 

いや、人間にだって一人ひとりが自分らしく生きるための

 

軌道があるはずだ。

 

人生は地図なき旅路であり、

 

真っ白なキャンバスに

 

自分が進んできた道のりだけが

 

書き込まれていくようなものだ。

 

だから、今いる場所よりも先のルートなどは全くかかれていない。

 

だからこそ、悩み、考えて、決断して進んでいくことが大切なのだ。

 

 

 

足元ばかり見ていても

 

遥かかなたの様子はわからない。

 

希望を表す英単語hopeは

 

跳躍を意味するhopにつながっている。

 

希望をもって跳躍してみると

 

自分が向いている方向の先の様子が見えてくる。

 

 

跳躍して

 

ルートの先に希望が見えることを確かめて、

 

前進していこう。

 

 

 

 

 

 

 

さて話題は変わって面白い動画の紹介。

 

音楽に合わせてノリノリの鳥。

https://www.facebook.com/moussa.saidi.142/videos/109095407888916

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

寅さんから学ぶ

次の記事

新記録